一般的な薬剤治療

薬AGA専門のクリニックを受診したときも、皮膚科を受診したときも、やはり最も一般的なAGAの治療方法というのは、薬剤治療になります。内服薬を用いての治療がメインになるのですが、用いられている薬というのはそれほど多くはありません。最も有名なのがフィナステリド錠という薬なのですが、よく飲む育毛剤と言われることもあります。フィナステリド錠はもともと前立腺肥大の治療薬として開発されたと言われているのです。

フィナステリド錠以外にもミノキシジルを用いることがあります。この薬剤治療は手軽にできますし、現在ではジェネリック製品が流通しているので、以前よりも安い値段で治療ができるようになりました。ただし、欠点も存在しているのです。それは副作用が出やすいことなのですが、どのような副作用が出るのでしょうか。

人によっても出やすい副作用は異なりますが、最も多いのは精力減退です。他の副作用はそれほど出やすいわけではありません。では、薬以外にはどのような治療が行われているのかというと、HARG療法を用いているクリニックもありますし、フィナステリド錠のような内服薬ではなく、外用液を用いることもあるのです。マッサージなどを行う医療機関もあります。